これまでに培ってきた「植木職人」としての〝技〟と「樹木医」として学んだ知識に加えて、剪定方法と適期を間違えないことが、花木への〝優しさ〟です。木が枯れたり、弱ってしまう理由は、見栄えだけで刈ってしまう「間違った剪定」が、その原因。
私たち、人間の世界と同じような気がしています。樹木たちの自然な「樹形」と「樹勢」を活かしつつ、害虫や病気を見極め、最適な剪定と土壌改良などによって、木々それぞれが、人と同じく〝元気〟に育つよう複数年計画で対策して参ります。
お会いできることを楽しみにしております。