日本花木研究所とは?

%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

日本花木研究所は造園会社ではありません。
お客様の庭の手入れに特化しております。作庭は信頼できる会社をご紹介いたします。

お客様にとってトータルでのコスト削減に、尽力します。そのために適切な剪定、病害虫防除を行い、不必要に大きくする剪定もしません。造園会社は適切な管理を行うよりは、例えば樹木が枯れてしまった方が植え替える仕事が受注でき利益を得ることができるという構造的な問題があります。(すべての植木屋さんがそうだというわけではありません。あくまでも構造上の話です。)そして、不適切な管理により、お客様の負担が増えることになります。

お気軽にお見積りのご相談くださいませ。TEL 03-6412-8041
午前9時から午後6時まで受付中です。(事務所は土日祝休業、施工は土日祝も対応しております。)

 

 

 

 

<以下、より詳しい紹介です>

今までの経験、知識とこれからのさらなる勉強、研究を生かして、お客様と、その一番身近な緑、自然である庭とのお付き合いをサポートさせていただきます。

名称未設定

(日本樹木医会「樹木医の仕事」平成28年版リーフレットから引用してます)

樹木医の仕事は上の図のようにいろいろな分野の技術・知識からなりたってますが、日本花木研究所はここに「人間の幸せと樹木(とくに花木)との関わり」を追加します。

樹木医の知識、技術を生かして、個人邸、マンション、商業施設のお庭の植木の手入れ・管理をしています。
営業範囲は目黒区、世田谷区とその近隣です。

個人のお客様以外では、出身企業であり、世界一の技術を持つ、小杉造園株式会社の仕事を専門に請け負っています。日本庭園の作庭のご依頼は世界中で実績を持ちます、こちらの会社をご紹介させていただきます。

日本の花木に関わること全般を扱います。都市の樹木は人間との係わりのなかで生きており、その花との日本文化の関係の研究、紹介、発信を行います。樹木医の責務の一つである向社会的な活動を花を通して実現します。

個人のお客様の花(花木、草花どちらも)を育てるお手伝いから始め、目黒区そしてその周辺地域に、街に花があふれるように取り組みます。

そのためのお庭の手入れ、植栽、樹木診断、樹木治療、花壇管理から始め、将来的には花のための資材の開発、販売、花木のための診断機器、治療機器の開発、資材、薬品開発を目指します。

妻の故郷、インドネシアからの資材の輸入販売も行う予定です。

 

〒153-0063 東京都目黒区目黒3−15−21−203 マノワール小滝園

日本花木研究所

TEL : 03-6412-8041
FAX : 03-6412-8042