チャドクガ撃退のための知識はココに。

 

今日、お客様のお宅でチャドクガ(Euproctis pseudoconspersa)に出会いました。

RIMG0560

日本農業害虫大辞典によりますと

「被害と生態:幼虫がツバキ、サザンカ、チャの葉のみを食害し、近縁のドクガの広食性に対して狭食性を示す、本種は近年、都市部のツバキやサザンカでしばしば大発生して一葉残らず食い尽くし、この庭木の最大の害虫として問題になっている。(省略)年2回の発生で、葉裏に産下された卵塊で越冬し、4月下旬に幼虫が孵化して葉を食う。幼虫は集合性が強く、単独では生存率が低下して正常な経過をたどれない。(省略)約55日の幼虫期間を経て地上に降り、落葉下などで繭をつくって蛹化、6月に成虫が現れ、灯火にもよく飛来する。第2回の幼虫は7~9月に発生し、同様に経過を辿って、第2回成虫は10~11月に現れ、産卵する。」

とのことです。幼虫も成虫も人を刺しますから、まめに駆除しないといけません。大発生して葉がなくなるまで食べ尽くされたツバキを私は見たことがあります(汗)

ちなみこの「日本農業害虫大辞典」は¥54,000もします。でも下のサイトでタダで読めます。

http://www.boujo.net

たまには役立つ情報をブログに書きました(笑)

また樹木医会の会員ページで適用農薬を調べましたら、一般の方が比較的扱いやすそうな薬剤を見つけました。

住友化学園芸 園芸用キンチョールEです。

農薬は適用農薬以外を使用しますと、農薬取締法違反になりますが、この薬剤はチャドクガに使っても大丈夫です。

余談ですが、googleに広告を出されたことはありますか?試しに出してみましたら、あれって結構高いです。1クリック100円〜200円も請求されます。1日で3,000円とかになったりします。

それだったら、検索の1〜2ページ目にでてくればいいやと思いました。

なので、まめにブログを書いて、少しは役立つ情報を提供させてもらった方がいいです。

 

あ、あと適用農薬を調べるために情報が公開されています。

「東京都病虫害防除指針」という本があるのですが、それがオンラインで閲覧できるサイトです。

http://www.jppn.ne.jp/tokyo/New_Folder/16mokuji.html

 

Comments

comments


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です