映画「てんびんの詩」

最近、とても良い映画を見たのです。

これも私のメンターに教えてもらったのですが、

タイトルは「てんびんの詩

少年がなべのフタを売る話です。

なかなか売れない状況が続きます。

そして最後にある出来事があり、とうとう売れるのですが少年はそれまでに大きく成長するのです。

私はこれを観て、挑戦しなくてはという気持ちにならざるを得ませんでした。

もちろん私は鍋のフタではなく、自分の技能、知識を得るのですが(笑)

そういえば、自分は物を売ったことがあります。バリ島で店を開いていた時に。

オリジナルの陶器鉢でした。知り合いに頼んで焼いてもらったものです。

私のソプラノサックスの師匠と、映画「神様はバリにいる」の主人公である兄貴が買ってくれました。

貴重な体験をさせてくれた方々に感謝です。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です