感動するサービス。日本花木研究所のクレド

少し前Audibleで現場に向かう車の中で

林田正光さんの「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」という本を聞き続けました。

その中で感動するサービスという言葉があり、とっても共感しました。

詳しい内容は書きませんが、リッツ・カールトンではクレドカードというものを従業員すべてが持っていてそこには以下のように書かれているそうです。

クレド

ザ・リッツ・カールトンはお客様への心のこもったおもてなしと快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。

私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだ、そして洗練された雰囲気を常にお楽しみいただくために最高のパーソナル・サービスと施設を提供することをお約束します。

ザ・リッツ・カールトンでお客様が経験されるもの、それは感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みしておこたえするサービスの心です。

 

以前、妻と息子とリッツ・カールトン東京で食事をしたことがあり、そこでのサービスも最高のものだったので、なるほどと思った次第です。

 

自分の仕事に活かしたいと思いまして、日本花木研究所のクレドカードをつくりました。
従業員にインドネシア人がいますので、インドネシア語バージョンも掲載します。

 

クレド(日本花木研究所)

日本花木研究所はお客様への心のこもったサービスと快適さを提供することをもっとも大切な使命とこころえています。

私たちは、お客様に心あたたまる、くつろいだ、そして洗練された雰囲気を常にお楽しみいただくために最高のパーソナル・サービスと緑を提供することをお約束します。

日本花木研究所のサービスでお客様が経験されるもの、それは感覚を満たすここちよさ、満ち足りた幸福感そしてお客様が言葉にされない願望やニーズをも先読みしておこたえするサービスの心です。

Bunga Jepang dan pohon Institute tahu tentang bagaimana misi yang paling penting adalah untuk memberikan layanan pribadi dan kenyamanan kepada pelanggan kami.

Kami, hati yang hangat kepada pelanggan kami, santai, dan berkomitmen untuk memberikan pelayanan terbaik pribadi dan hijau agar Anda untuk menikmati selalu Anda suasana yang canggih.

Oleh pelanggan di bunga Jepang dan pohon Institute layanan yang dialami, itu adalah kenyamanan yang memenuhi indera, pikiran layanan yang puas merasa kesejahteraan dan pelanggan kami untuk menanggapi pra-membaca juga aspirasi dan kebutuhan yang tidak dalam kata-kata.

Comments

comments


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です