「なんで蕾がついているのに、今切るの?」

ずっと、記事を更新しないままでした。もう2月ですが、今年はマメに記事を書いていこうと思っております。

先日、サクラの剪定をしました。

お施主様からは去年の5月に依頼がありましたが、サクラ剪定に適した時期を説明して、待っていただいてました。

サクラの剪定の適期は11月下旬から2月上旬です。

落葉樹は落葉した後に剪定するのがいいです。当たり前のようですが、意外と知らない方も多いです。

植木屋さんでも、「なんで蕾がついているのに、今切るの?」とおっしゃる方もたまにいらっしゃいます。

ひこばえや徒長枝はあまり太くならないうちに剪定し、切り口には癒合剤や殺菌剤を塗るようにします。

今回はお向かいのマンションにとっても近くなっている枝を大きく落とすことになりました。その分、他の部分の剪定はごく控えめにしてあります。来年以降、サクラの様子を見守りながら、枝を整理していこうと思っています。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です