森や木と友達になる方法。

先月、ツリークライミングの講習に行ってきました。

バリ島に移住する前から、自分の(樹木医の)師匠に言っといた方がいいよと言われてたのですが、なかなか機会がなく、6年越しで叶いました(笑)

師匠が進めたのはツリークライミングジャパンの講習会でした。

ジョン・ギャスライトという人が「ツリークライミングという手法を通して、自然を愛するすべての人たちに、いつもと違う視点から自然や森を見てもらい、地球や自然にやさしい心を森から感じとって、木と友達になるこうした考え方を普段の暮らしの中で生かして欲しいと願い」2000年に立ち上げました。(後日なんとジョン・ギャスライトさんとFBで友達になりました。私の投稿に「いいね!」してくれます。すてきな時代ですね。)

私が受けたのはベーシックツリークライマー講習会です。ダブルロープテクニック(DRT)という方法を使って登ります。

ロープワークより私が感銘を受けたのはその理念でした。目的の一つは木や森と友達になることなのです。木とスキンシップをはかることなのです。

そのような気持ちで木に登るとなんて楽しいんでしょうか。

木と一緒に少し風に揺れますと、ちょっと友達になれた気になりました。

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

仕事はプロに。