落葉樹剪定のお見積りに行ってきました。O邸の場合。

 

今日は新しいお客さまのお見積もりに行ってきました。
嬉しいことに、1年以上前のチラシをとっておいていただいたみたいです。
そのチラシは今みると、ちょっと樹木医をアピールしすぎだと感じますが、お客様によると「安かろう悪かろうでは嫌だから」とのことで樹木医ってことを期待してお電話いただいたようです。
裏面に剪定価格をのせてましたが、分からないので見積りしてほしいとのことでした。
うちは高木ですと、地上から120cmのところの幹周りで価格を決めてます。落葉樹、常緑樹、針葉樹で価格が違います。
たとえばこのお宅のご希望はカキとモクレンの剪定でした。どちらも幹周りは60〜89cmの規格でしたので、剪定作業費は1本当たり7,800円でした。
それに、枝葉ごみのリサイクル費用を1立米3,800円、その運搬費を1立米1,200円の計算になりました。
合計しますと20,600円+消費税です。
ほかの費用はかかりません。シンプルな価格体系になっています。

お客様によりますと「安いです」とのこと。
樹木医ってことで高いと思われていたのかも知れません。
いままでの経験ですと、お見積もりに伺うと、多くの場合、その場でOKをいただき、作業の日程をその場で相談しています。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です